ローン滞納の友人と競売の流れを調べる

住宅を買う場合に給料が将来的に上がっていくだろうと予測してローンを組んだ人も多いと思います。

ところが、時代の流れは給料アップどころか実質的に減っていく事になってしまう等、新自由主義って言うんですか庶民にとっては随分と厳しい時代になりました。

そういう時代のあおりを受けて計画が完全に狂ってしまった私の友人は、せっかく購入した一戸建てのローンを返済するのが苦しくなって滞納を繰り返す様になり、終には裁判所から競売にかけるという通知を受けて大変な事になったのです。

私は競売という事については全く知識が無かったんですが、友人から話を聞くうちに競売という事がどんな流れで進むのか知りました。

出来ればそんな大変な事とは無縁でいたいですけど、その流れを知っておいて損はないというか、実社会についての知識の1つとして持っておいた方が良いでしょうね。

法律が絡む事なので難しそうだと敬遠されるでしょうが、大体の事でも知っておけばイザという時により良い対応が出来るんじゃないでしょうか。

夢の一戸建てを競売にかけられてしまった場合、住宅を手放す事になるばかりか住宅が売れてもローンの一部が残ってしまえば最悪と言っていい程キツイ事になります。

そういう事態に陥ってしまう前に出来る事はあるかもしれず、先ずはローンを支払っている銀行に相談して月々の返済額を少なくする様に返済計画を立て直す、といった事を試すべきだったのです。

私の友人の場合も何か出来る対応はあったんじゃないかと、裁判所から通知を受けた話を聞いた後で私は思ったんです。

本格的に競売に入ったらその流れに従うしかなく、その流れが本決まりになる前に善処する方法はないかと、私も友人としてネットで色々調べました。

その際に参考にしたのは例えばコチラです。

競売の流れについて

競売にかけてローンという借金を回収するための手続きは粛々と実行されますし、現に家族が住んでいる住宅が人手に渡るのですから明け渡しと言ったシビアな事も起こってきます。

借金の返済と生活の立て直しは生半可な事では出来ないと思い知った次第です。